2007年08月23日

母娘3人旅 vol.1

8月19〜22日、娘と母と3人で、青森県の八甲田山・十和田湖、
そして奥入瀬渓流を旅行してきましたるんるん

P1020291.JPG P1020160.JPG

当初はエルフも一緒に家族での旅行を計画していたのですが、
主人がどうしても連続休暇をとるのは難しい状況になってしまったのですたらーっ(汗)

そこで急遽、旅先変更グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)
(私が運転免許もっていないから・・・)
母娘3人という、初めての組み合わせでの旅行となりました。



ハートたち(複数ハート)8月19日

母と待ち合わせ、主人の車で羽田空港へ送ってもらいました車(RV)

さあ、旅の始まりです。
12時20分、私たちは青森空港目指して飛び立ちました飛行機


そして約1時間後、青森空港に到着し、ホテルの車に乗って
十和田湖畔のホテルまでドライブです。
制限速度を厳守して、途中で10分休憩して、約2時間のドライブでした。

今回3泊お世話になったのは、十和田湖グランドホテルです。
従業員のみなさんがとってもフレンドリーでしたかわいい


ホテルに着いたら早速温泉いい気分(温泉)

そして夜は、ホテルの無料の三味線民謡ショーを楽しみました。

じょんがら三味線、私と娘は生で聞くのは初めてでしたが、
力強く響くその音色に、3人揃って感動してしまいました。

温泉で話しかけてくれた青森県のおばさんたちも、私たちには
標準語を使ってくれましたが、仲間同士で話していたあの方言。
なんだか優しい空気が漂って、やっぱり方言っていいなと思いましたかわいい



ハートたち(複数ハート)8月20日

P1020041.JPG

朝食のあと、十和田湖をちょっとお散歩しました。

猛暑の東京が嘘のような清々しさでした揺れるハート


そしてそのあと、日本3大秘湯のうちのひとつである谷地温泉へ行きました。

今回、私たちが十和田湖グランドホテルを選んだわけ。
それは、このホテルが谷地温泉も経営していて、無料でそこへの
送迎をしてくれるからなのですいい気分(温泉)


P1020042.JPG

バスで片道約1時間、奥入瀬渓流やブナ林を通ってその温泉に行きました。


P1020055.JPG P1020053.JPG

谷地温泉は一軒宿の温泉で、湯治や地元の方も多く訪れる温泉。
宿や温泉の造りもとてもレトロだったし、男湯からは民謡の歌声exclamation×2
なんだかもう、テレビで観る秘湯そのものの雰囲気でとってもよかったです顔(笑)

温泉にたっぷり入ったあとは、炭火で焼いた岩魚を食べました。
宿のすぐそばの川にも岩魚が泳いでいました。


それから十和田湖へ。

遊覧船に乗りました。
田沢湖、支笏湖に次いで、日本で3番目に深いという十和田湖。

P1020062.JPG P1020071.JPG

水のブルーも木々の緑もとても美しかったですぴかぴか(新しい)


遊覧船を降りたあとは、「乙女の像」を見に行きました。

昭和28年っていったかな?その頃、高村光太郎が19歳の女性を
モデルにして作ったという乙女の像。
顔だけは光太郎の妻・千恵子をモデルにしたそうですが・・・

P1020080.JPG

平成生まれの娘にとって、19歳の乙女といえば、バービーちゃんのような
すらっとしたスマートな女性を想像するようで・・・

「なにこれ? おばさんじゃん。 っていうか、このお尻、男?」顔(汗)

娘にかかれば、かの高村光太郎の作品も「失敗作」のようでした顔(汗)



そして夜、主人からメールが届きましたmail to

image0025.jpg

エルフのために、19時には帰宅したらしい主人。

私たちはホッと一安心しました揺れるハート


そして、旅はまだ続きます・・・グッド(上向き矢印)

ニックネーム グミ at 22:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする