2006年11月01日

名前の由来。

先日、娘がお稽古の間、私と主人とエルフはオープンカフェでのんびりしました。

200610281149000.jpg

エルフは通りかかる人に「可愛いですね〜」と言われるたびに、
ブンブンしっぽを振って答えていました。

『いつもより、多めに振ってま〜すっexclamation×2』の状態。

と、少し離れた席のナイスミドルな白人夫婦が、エルフを気にしています。

そして近寄ってきて、カメラをパチリ。

私たちにも見せてくれました。エルフ、おすまし顔です。

エルフの名前を教えてあげると、白人奥さんは、

「お〜exclamation 彼にぴったりね。ほんと、妖精のようよ〜揺れるハート

なんて言ってくれました。

でも、本当のエルフは、『妖精』よりも『いたずら小僧』のほうがぴったり・・・顔(汗)


エルフという名前は、エルフを飼うと決めた途端に娘が決めましたひらめき

『ずうっと、ずっと、大好きだよ』というお話に出てくる犬が『エルフ』なのです。

生まれた頃からエルフと一緒に育つ男の子のお話です。

「エルフのことを話します。エルフは、世界で一番すばらしい犬です。」

お話はそうやって始まります。

男の子は、毎日「エルフ、ずうっと、大好きだよ。」とエルフに話しかけるのです。

「エルフは、きっとわかってくれたよね」って。

そして何年も過ぎ、エルフは永遠のさよならをします。

それはとても寂しいことだけど、でも自分は毎日大好きだって言ったんだって、
男の子はそう思って、エルフとのさよならを受け止めます。

これは、娘が一年生のときの国語の教科書に載っていました。

娘が読んでくれたとき、私も感動して、涙が出ました。


このお話を知って、犬を飼うことに少しは前向きになっていた頃、
エルフと出会いました。そして運命のように、即決で飼うと決めましたグッド(上向き矢印)

『妖精』というより、今は『いたずら小僧』花盛りのエルフだけど、
でも、私たち家族にとっては、やっぱり『妖精』かなかわいい

ニックネーム グミ at 21:54| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エルフくんの名前にはステキな由来があるのですね。
うちは2匹とも私が付けました。
蘭は・・・ちょうど名前を考えていたとき
うちに蘭の花がキレイに咲いていたのを見て。
チョコは・・・見たまま(笑)
Posted by rachiyon at 2006年11月01日 23:08
エルフ君の名前の由来
とっても、素敵なエピソードがあったんですね♪
ずう〜っと大好きだよ!
響きのある、いい言葉ですね♪

そんなお話の余韻の残る時期での
エルフ君との出会い!!!!!
縁ですよね♪

悪戯好きなエルフ君もほんとうに家族に
とっては妖精ですよね!!

ご家族でいろんなことで
刺激しあい、励まし助け合いこれからも
エルフ君のご家族がハッピーで健康であられることを
願っています♪


Posted by はなパパ at 2006年11月02日 07:47
素敵〜♪
そんな由来だったのですね。
いいお話ですね。
今グミさんのブログ読んだだけでもちょっとウルウルしてしまいました(涙)
1年生の教科書??
そんなお話あったかしら?ちょっと後で見てみます。

私ももっと色々考えて名前は決めたかったなぁ・・・って思うけど・・・
シュナはペットショップにいた期間が他のワンコより長かったので、もう「シュナ」と呼ばれることに慣れていて・・・
他の名前では反応しなかったのに「シュナ」だけには反応していたので仕方なく「シュナ」になりました!
今となってはシュナウザーで「シュナ」。
ま、これもアリかなって思ってます(^▽^)

グミさんのご家族、なんだか素敵ですよねっ♪
うちもそんな家族になりたい〜って日々願っていますが・・・現実は厳しいのです(−−)


Posted by kayo at 2006年11月02日 09:35
素敵なお話ですね〜。
そして愛情たっぷりの名前♪
それに比べて、白いから「みるく」って・・・。
ん〜もっといろいろ考えるべきだった(でも結構考えた結果なんですが)

ちゃんといつかはお別れの時が来る事を理解して飼う・・・って本当にいい事だと思います。
だって毎日「いて当たり前」じゃなくって「いてくれてありがとう」って思えますよね。

私も毎晩寝る前に「みるく大好きよ」といって抱きしめています。
が、あまりにしつこい様でみるくは迷惑顔ですが。
Posted by ちま at 2006年11月02日 18:29
rachiyonさん。

蘭ちゃん、チョコちゃんは女の子って感じでいいですよね。
私は勝手に、名前、似合ってるな〜って思ってますよ。
蘭ちゃんは、おしとやかななお姉さん。
チョコちゃんはまだまだおてんばな女の子。
ウチは考えるまもなく、娘が決めたので、私は全然考える
余地もなかったです。ま、でも家族一同、エルフ、気に入ってます。
Posted by グミ at 2006年11月02日 19:07
はなパパさん。

このお話は、今でも好きでたまに読むんです。
娘は、エルフに呼んで聞かせています。
エルフが聞いているかは、かなりびみょ〜ですが(^^;)

そして、「エルフのことを話します。・・・」の
冒頭は、私も娘も、なんでもないときにも口にします。

エルフが来たことは、本当に家族にとっていい刺激です。
はなちゃんも、きっとおふたりの素敵な癒しと
刺激になっていることでしょうね。
Posted by グミ at 2006年11月02日 19:10
kayoさん。

教科書は、光村図書の『こくご 一 下 ともだち』です。
ご長男君も同じでしょうか!?素敵なお話ですよ。

シュナくん。長くペットショップにいたんですね。
kayoさんご家族を、ずっと待ってたんですね。
なんかそう考えるときゅんとなりますね。
呼ばれ慣れている名前を、無理に変えずに使ってくれたこと、
きっとシュナくんはありがとうって思っていますよ!

ちなみに、私のグミは、犬を飼うことを娘が夢見ていた頃、
女の子だったら「グミ」と言っていたことに由来します♪
Posted by グミ at 2006年11月02日 19:15
kayoさん。 追伸。

言い忘れちゃった。
ウチ、全然っ!素敵じゃないですよ(−−;)
毎日ドタバタして、もうほとんどドリフです。悲しい・・・。
kayoさんのおうちこそ、楽しく明るい、私の理想ですよ〜。
Posted by グミ at 2006年11月02日 19:20
ちまさん。

みるくちゃんは、本当に「みるくちゃん」ですよね。
なんであんなに可愛いんですか?ぬいぐるみみたいですよ!

毎晩「大好き」って抱きしめる気持ち、解ります〜。
「いてくれてありがとう」ですよね。
いつかは私たちより先にいなくなること、私も常々思います。
だからその分、今いっぱい愛していこうと思います。

みるくちゃんも、ちまさんの愛情、ちゃんと感じ取って
いると思います。いつもいいお顔していますもの!
Posted by グミ at 2006年11月02日 19:25
すごいいいお話ですね。
教科書以外にも絵本とかあるのかしら?
ぜひ、読んでみたいです。
うちのお子ちゃまたちにも読ませたいな♪
地域が違うと教科書も違うね。
Posted by alohacoco at 2006年11月02日 22:30
alohacocoさん。

教科書、東京都内でも、区や市によって違うらしいですよ。
このお話は、前に何かで絵本もあるって知ったんです。
でも、原作が外国のお話なので、翻訳する人によって、微妙に
ニュアンスが違うようです。確か、タイトルもちょっと
違っていましたよ。でも、cocoちゃんを飼い始めたお子さんたちには、
きっと素敵な絵本になると思いますよ!
Posted by グミ at 2006年11月03日 10:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/557325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック